OFFICE&FREEDOM

沖縄フリーライター・WEB編集者/三好優実のブログです。

会社を辞めたときもメルカリを始めたのも、きっかけはプロ奢ラレヤーだった話

f:id:minoru-office:20200429165837j:plain

 

最近まで読書術についての本を読んでいたけれど、実はわたしにはちょっと変わった独自の読書習慣がある。

 

それは『昨日まで読んでいた本の著者が、絶対に読まなさそうな本を読む』こと。

 

 

どういうことかというと、わたしは最近まで『時間術』や『記憶術』に長けた、バリバリの自己啓発的な本に夢中になっていた。

 

そしてめちゃくちゃ時間を大事に使う樺沢先生の本を3冊読み終えたあとに手にした本が、プロ奢ラレヤー『嫌なこと、全部やめても生きられる』なのである。

 

嫌なこと、全部やめても生きられる

嫌なこと、全部やめても生きられる

 

 

無駄が大嫌いで、ゲームやテレビの時間がもったいないと書く樺沢先生とは正反対に、『なにも生み出さない時間を大事にするのも贅沢な生き方だ』とささやくプロ奢ラレヤー。

 

そのギャップが楽しい!

というわけでこの本を手に取ったわけなのだが、まず一番に言いたいことがある。それは

 

わたしはこの本を読んで、メルカリをダウンロードした。

 

ということ。

 

は?と思うかもしれないが、わたしはここ2年くらい「メルカリやってないの?」「メルカリで売れば?」という言葉をことごとく無視してきた。単純に面倒だったからだ。

 

けど、本の中にあった『お金の価値』についてを読み、購入に至った。わたしが影響を受けた内容はこちらだ。

昔は通貨の代わりがお米だった。なぜお米が好感されていたかというと単純に「一般的に考えて価値があるもの」だったから。お米から通貨に変わった理由は、軽くて持ち運びができる上、ほとんどのものと交換できるからという理由に過ぎない。だがお金のやりとりが通用しない物々交換が成り立ったら、お金の価値は下がるのでは。たとえばメルカリとか

 

 ※わたしの要約なので実際の文章とは異なります。

 

こんな感じで、とくにメルカリを勧めているわけではなかったが、これを読んで『メルカリ=物を売るツール』から『メルカリ=お互いの価値をトレードする場所』に認識が変わった。

 

たとえばパラッと読んだけど全然面白くなくて読まなかった新品同様の本とか、買ってみたけど着てみたらイマイチだった洋服とか、自分にとって数秒で『価値がない』と思ったものも、どこかの誰かにとっては価値があるものなのだ。そう考えると、メルカリってめちゃくちゃサスティナブルじゃんと思ったし、儲けとは違った喜びがありそう。

 

 

「ビジネスとしてやる」だと労力に対する対価がイマイチな感じするけど(転売というビジネスにも興味が持てなかったし)、「物々交換」と考えると、”価値とは”、を考えるいい機会になる。

 

 

今は「この本をこの価格で売るにはどうすれば良いか」とか考えるのが楽しくて、わりとハマっている。あと、欲しかったけど買えなかった限定品のマスキングテープを手に入れた。(嬉)



 

f:id:minoru-office:20200429171127j:plain

ちなみに付箋はめちゃくちゃラフなもの。クレーム来たらどうしよう。

 

 何事もやってみると楽しかったりするんだけど、なんとなくやってもつまらないから、目線を提供してくれるプロ奢ラレヤーが好きで、つまりこの本は面白い。

 

 

実はわたしは、プロ奢ラレヤーに影響されて行動を起こしたのは2度目だ。1度目の行動は、前職を退職し、フリーランスとして独立したこと。

 

ネチネチと悩み苦しみ、こじらせたわたしを行動させたのは、たった140文字以下のツイートだった。

 

 

 

ブログにも書いてあるので、よければ読んでください。

 

www.minoru-office.com

 

 わたしは、この世で一番素晴らしい表現者は、人に行動する勇気を与える人だと思っている。わたしはずっと、それを目指してきた。だから自分が行動できる本や文章に出会うと猛烈に感動するし、うらやましい。

でも人を動かす文章を書く彼がやってきたのは、「行動してきた」ではなく「嫌なことを選択せずに生きてきた」なのだ。そう考えると、わたしたちが大それて「行動するぞ!」と考えていることのほとんどは、「行動しなければいけない」と思っているからできないのかもしれない。

 

f:id:minoru-office:20200429171244j:plain

 

この本を一言で表現するならば『漠然とした不安や日常的なストレスを感じている人が出会うと、なにかが変わりそうな本』だ。

あらゆる人生を生きる人を紹介する文章と、あらゆる物事を前提から疑うプロ奢ラレヤーの本質コメントが脳みそをリセットしてくれる。

 

世の中の自己啓発本が「こう悩んでいるならこういうことをやれば解決に繋がるかもしれない」と指南するならば、この本は「その悩み、そもそも悩むべきことなの?」って前提を見直そうよって言ってくれる本だと思う。

あと、とても物知りで色んな人に会っているぶん、たとえ話が面白い。最後にひとつだけ、書いていることを紹介したい。

 

人類が「直立二足歩行」になったのはそもそもゴリラなど他の霊長類と比べて木登りが下手だったから、競争に負ける形で森を出た。森を出て生活するうえで必要にかられ「直立二足歩行」を採用した。

 

だが「直立二足歩行」は肉食獣に見つかりやすくなるなどめちゃくちゃ不便。それでも人類は「木登りができない」が故に「森林」から追い出され、疎林で生活することを強いられた。

 

だからこそ他の動物は一切採用しなかっためちゃくちゃ不便な「直立二足歩行」を手に入れ、仕方なく生活を最適化させた。森林での競争に負け、他のどの種も見向きもしなかった「直立二足歩行」という人類の未来を大きく揺るがす「お宝スキル」を手に入れ、動物界で頂点にたった

  ※わたしの解釈による要約なので実際の文章とは異なります。

 

できないことを認めて、次のステージに行くことで思いもよらない成長を遂げることもある。これは「行動できない理由」にがんじがらめになっている人には、効くメッセージなのではないだろうかと思った。

 

 

というわけで、わたしはいまメルカリにはまっています。

読書とは、自分の中にある”なにか”に出会うことなのだな、と改めて思わせてくれた本でした。

 

あと、「好きなことをやって生きていこう」はハードル高いから、嫌いなこと全部やめて生きていけば?っていう内容にこのタイトルの全てが込められていると思ったことも最後に伝えておく。

 

嫌なこと、全部やめても生きられる

嫌なこと、全部やめても生きられる