OFFICE&FREEDOM

沖縄フリーライター・WEB編集者/三好優実のブログです。

新型コロナウイルスの影響で大好きな店が潰れかけ、気付いたこと

f:id:minoru-office:20200624144356j:plain

 

「この店がなかったら、わたしは沖縄に移住していなかったかもしれない」

 

そう思う店が1軒ある。

 

移住したばかりのころ、その店はわたしにとって唯一の「居場所」だった。移住して5年ほどの歳月が経ち、顔を出す機会も減ってしまったのだが、店のオーナーとは細く長く、関わり続けていた。

 

そして最近「新型コロナウイルスの影響を受けた企業」というテーマにおいて、取材という形でオンライン越しに久しぶりに対面した。

 

画面の向こうに移った彼は、いつも若々しく、たまに説教をかましてくる元気な彼とは少し違っていて、白髪が増え、普段見せないような弱弱しい笑い方で微笑んでいた。

 

そして取材を進める中、言った。「店を閉めようかと思っていた。」

 

 

わたしはショックだった。と、ともに、大切な場所がずっとあると思い込み、遠のいていた自分がつくづく嫌になった。なくなって欲しくない縁は、普段から大事にしなくちゃいけないと、人生の節目節目で気付いてきたはずなのに。

 

f:id:minoru-office:20200624144527j:plain

 

結局借り入れを駆使し、お店を存続することに決めたそうなのだけれど、継続=維持できた、という話ではないということはすぐ分かった。ただ維持する決断をしただけなのだ。いばらの道かもしれない。

 

今回の新型コロナウイルス感染拡大で、お店を閉める決断をした人も少なからずいる。つらい決断ではあるが、閉めない決断をすることでもっときつくなる可能性もある。後々になって「あの決断は、閉めるタイミングを先延ばしにしただけだった」と思う日が、もしかしたら来るかもしれない。

 

先日読んだジム・ロジャーズ 大予測―激変する世界の見方に、こんな文があった。

 

日本語で『危機』という漢字が示す通り、「危険」が生じた後には「機会」が生まれる。

 

わたしたち消費者は、新型コロナウイルスという「危険」によって、大切なお店がなくなるかもしれないことに、否が応でも気付くことになった。永遠ではない“存続”と、無限ではない“資金”。それらに気付く「機会」が与えられたのだ。

 

ならばわたしたち消費者にできることは、たったひとつしかない。存続して欲しいお店に、できる限り足を運び、きれいにお金を使い、人に勧め、いつもありがとうと感謝を伝えること。...あ、ひとつじゃなかった。まぁ、まとめると『大事にする』というひとつだ。

 

『いつまでも、あると思うな親と金』という言葉があるが、この場合、親を『店』に言い換えるとしっくりくる。当たり前になっていたことがいかに有難いか、当たり前に思うことがいかに後悔に繋がるか、それを考える機会になったのではないだろうか。

 

共存の覚悟みたいで「Afterコロナ」という言葉があまり好きではないのだけれど、あえて使う。Afterコロナの時代では、消費者の「選択力」が試されるとわたしは思う。

 

“なんでもいい”買い物や店選びを卒業し、“きちんと選ぶ”ことで、大事なものを守っていきたい。