ふりぃらんす

沖縄フリーランス編集者兼ライター「実Office」のブログです。主に、フリーランス・移住・地方活性化・人・グルメに焦点をあてて活動しております。

”私には武器がなにもない。”個人の成長に欠かせないのは「自信」ではなく「自信喪失」だった。

f:id:minoru-office:20181008234504j:plain


こんにちは。フリーランスで編集とライターやってます三好 優実(@MinoruOffice)です。

会社を辞めてフリーランスになり、1か月が経過しました。1か月の仕事はこんな感じ。


この1か月、たくさんの方々に助けていただき、3か月以内に達成したいと思っていた売り上げ目標を初月で達成することができました。

月の半分は那覇にいないという、怒涛だけど自分が求めていた働き方ができた1か月でした。仕事自体は超楽しかった。ただ、1か月経ってみて分かったことがあります。フリーになれば道が開けるというわけではない、ということです。

最初の1ヶ月は“思い知らされる時”

f:id:minoru-office:20181008235004j:plain

この1か月間、色々なところに行き、色んな人に出会いました。会社員の時は出会えなかった人が、スタートしたての私を応援してくれる機会に恵まれました。

たくさんの出会いで知ったことは、世の中には本当にいろんな意味で“すごい人”がうじゃうじゃいるということ。

出会った個人事業主の方や起業家の方々はみな、自分の意志がはっきりあって、尚且つそれをアピールする方法を知っていました。

ピンクの服しか着ないことで自分を印象付けるゲイイベントを手がける方や、初めてお会いしてすぐに似顔絵のイラストを送ってくれて「独立祝い代わりです」と言ってくれた粋な方、絶対にネガティブを出させない空気を持ったネアカな人・・・皆、色んなカラーを持っていて、会う人会う人ファンになりました。

f:id:minoru-office:20181009000248j:plain


だけど、私は彼ら・彼女らに何か爪痕を残せたのだろうか?・・・おそらく「最近フリーになった女」くらいに覚えてもらえていれば良い方でしょう。

すごい人たちと出会うことで、自分のぬるさを痛感しました。情けなさと恥ずかしさを感じました。フリーになることで気付きました。

“私には武器がなにもない。”

友人に「よっ社長!」とか「フリーになって、どう?儲かってる?」と言われても、独立してたった1ヶ月で自信喪失しているだなんて、誰にも言えません。

 

ふと、昔ホステスをしていた時のことを思い出しました。あの世界にいて一番嫌だったのは「自分が商品」だということ。何か商品を売るわけではなく、自分との時間を提供し、お金をいただく。これが辛くて辛くてたまらなかった。誰かの長所は言えるのに、自分の長所となると、ひとつもないように思うのです。

きっと、その時の「嫌」から逃げたから、同じ壁が形を変えて迫ってきたのだと思いました。これは一生付いてくる、超えなきゃいけない壁なのだと向き合う決意をしました。

1ヶ月単月で売り上げ目標を達成しても意味がない。これから一人で生きていくと決めたのだから、自分のブランディングをしなければいけない。そう思いました。

 

自分をブランディングする。個人を売るために必要なこと

f:id:minoru-office:20181008235149j:plain


とはいえ私は自分のことが好きだし大事です。自分で自分を幸せにしたいので、ある意味自分の課題を思い知らせてくれる人と出会えたのはチャンスです。それを力に変えるためには、次は行動しなければいけません。

 

 ということで、自分のブランディングのためにできることを考えてみました。同じことに悩んだ人に何かのお役に立てれば幸い。

①成長は“急がば回れ”ではなく、”急がば学べ”

f:id:minoru-office:20181008235251j:plain

とはいえ、突然自分カラーを出していこう!と未完成の自分をブランディングするわけにはいきません。ブランドがあってこそのブランディングです。まずは自分自身の価値を高めようと思いました。

自分自身に価値を見出してあげなくてはいけない。そのためにはなりたい自分になることや目の前の課題をクリアしていくことが大事だと思いました。

成長するには努力しか方法はありません。中途半端な能力を最大限引き出すことで、できることが増え、できることが増えることでやりたいことが増え、やりたいことが増えることで学ぶことが増え、学ぶことが増えることでなりたい自分像が明確になり、それをどう体現したいか考え、実行することで自分というブランドが完成するのだと思いました。

目先の仕事を一生懸命するのはもちろん、今後やっていきたいことの勉強をし、力をつけること。ブランド市場入りするには、努力と勉強が今の自分には必要だと思いました。

 

②人と会うときは、面白い人間であれ

f:id:minoru-office:20181008235435j:plain


先日ホリエモン取材記事を読んで感銘を受けました。

 

「人と会えば面白い情報が手に入るなんて幻想だ。」

 

これを読んだ時にふと「ホリエモンしかり、有名人の方達は人と会う時に“この人は面白い話をしてくれるんじゃないか”と期待されることが多いんだろうな。」と思いました。だとしたら、ギブオンリーの時間を持っていかれるわけだから“時間の無駄”、そりゃそうだ、という話になります。

フリーになって最初、あまりにもすごい人と会う機会が多かったので、意識的にやたらめったら人に会わないようにしていたのですが(充電含む)、これからは「人と会うときは面白い人であれ」を心がけようと思いました(余計に遊ばなくなりそうw)。出会う人にとって、価値のある時間になるように努めよう。

 

③自分が尊敬する人の本を読む(もしくは会いに行く)

f:id:minoru-office:20181008235551j:plain


好きな人の本だから内容が刺さりまくるというのももちろんですが、なぜその人がブランド人なのか、なぜ自分はその人のファンなのか、なぜ自分はその人の世界観にはまってしまったのかなどを分析しながら読むと、自然と“自分がどうなりたいのか”に出会うことができます。

本ではなく、尊敬する人が近くにいるなら会いに行ってもいいと思います。尊敬する何人もの本を読んだり、会ったりすることで「この人のこういうところ好き」「この人のこういうところ真似したい」を知ることができます。

“一人を真似ると「真似」になるが、100人のいいところをちょっとずつ真似すると、オリジナルになる”と、昔読んだ本に書かれてありました。それこそが、ブランディングだと思うのです。
※もちろん再び自信喪失くらうのは覚悟で読む・会うべし。

 

ちなみに、このブログ内容に何よりもマッチしていると思うおすすめ本はこちら。

 ■ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言/田端信太郎

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)

 

端的かつ直球で書かれているので覚悟を決めやすい。ブランディング目的の人だけでなく挑戦・成長したい人におすすめ。ネタバレになって申し訳ないけれど、最後の文章が一番好きなので引用します。

 



④今に目を向けすぎない

f:id:minoru-office:20181008235735j:plain


目の前のことだけを見ると、時に頑張れなくなるし、頑張る意味とか考えちゃうのでやめたほうがいいと思いました。見るべきは未来。努力の末に手に入る自分像を思い描くこと。これ何気に一番大事だと思います。



何事も視野が狭いとストレスが溜まります。場所やヒト的な視野を広めるのはもちろんのこと、人生の年月もなが~~い目で考えると、同じことに1年間悩むことなどありません(努力していればの話ですが)。1年後に、今自分が悩んでいることが「若かった」と言えるように、今のうちに傷ついて悔しがって失敗して恥ずかしい思いをしながらも、努力することが大事なのです。



大変というのは幸せなことです。30すぎた今でも20代のころと変わらず超大変。まだまだ変わるチャンスがいっぱいあるということです。ラッキー♪

⑤恥ずかしいとかやっぱやめとこうとか、やめる

f:id:minoru-office:20181008235826j:plain


人の目を気にする人は、そもそも個人のブランディングは不可能だと知りました。これは、自分が尊敬する人を観察した結論。口だけじゃなくて結果を残してきた人はみな、人の目なんて気にせず、バリバリやっている人ばかり。

ZOZOの前澤さんなんて、月に行こうとしてるんですからw それをバッシングする人はみな、特に名前が知られてない人ばかり。「すごい」「さすが」「そういうとこ好き」という人は、なにやら有名人ばかりです。

これを見て確信しました。挑戦する人は挑戦を笑わずに、挑戦しない人が挑戦を笑うのだと。だから人を相手に仕事をしてたら、人の目が気になってしまいがちですが、自分の人生だということを考えると、やっぱり人目を気にせず“やりたい””なりたい”を実現するための行動を起こし続けた方が、ブランディングだけじゃなく人生も豊かです。

まとめ:とにかく努力が大事。がんばること

f:id:minoru-office:20181008232208j:plain

アインシュタインの名言にこんな言葉があります。

「天才とは努力する凡人である。」

天才がそういうのだから間違いないのだと思います。「あの人は才能があっていいよな」という人に限って、努力している姿を見たことがありません。



もうそれしかないです。特に私は凡人よりも頭が悪いほうです。頭が悪いからこそ行動力があるので、頭の悪さを努力で補ったら、いい感じになれると信じています。

というわけで10月の目標。



請け負いの仕事をこなすのも全力で頑張りたい。けどそれ以上に、自分にも投資する月にしたいと思っています。

とりあえず今月ブログ目標1記事達成!10月にまた結果をご報告します。おやすみなさい。

ちなみに今は写真の現像技術を磨くために、画像編集を頑張っています。最後の写真は練習写真のひとつ。練習写真はInstagramにUPしているので是非フォローしてね!

www.instagram.com