ふりぃらんす

沖縄フリーランス編集者兼ライター「実Office」のブログです。主に、フリーランス・移住・地方活性化・人・グルメに焦点をあてて活動しております。

会社を卒業し、フリーランスに。決断してから開業に至るまでの1ヶ月間

f:id:minoru-office:20180827015651p:image

こんにちは。8月3日に開業届けを出し、無事フリーランスとなりました「実Office」(屋号)の三好 優実(@MinoruOffice)です。

 

正式にはまだ会社員で、8月いっぱいで2年半働いた会社を卒業し、フリーランスの編集者兼ライターとして稼働します。

 

元々、会社で3年くらい働いて、フリーランスになろう、という想いのもと仕事をしていたのですが、時期が早まったのには色々な気づきがあったからです。

 

 

開業準備って何?私は準備とかできるほど器用な人間じゃなかった。

f:id:minoru-office:20180807160634j:plain

会社で働きながら、色々と準備をして独立しようと思っていました。貯金、人脈、勉強、ビジョンなど、準備ってやつは山ほどあります。


会社員をしながら出来ることは無数にあり、働きながら開業準備をコツコツできる人間に憧れていましたが、会社で担当していた媒体が好きだったので、任せてもらえることが嬉しくて楽しくて。


結局会社での仕事に120%の勢力をつかってしまい、結果としてこの2年半、なにひとつ準備をせずに過ごしていました。 どんどん自分で仕事を増やし、どんどん会社での居場所をつくってしまいました。今思うと、そうすることでどこか安心していた私は、フリーになるのが怖かったのかもしれません。


ですが、そんな流され病の私に転機が訪れました。部署異動があり、私は会社の中でも大きめの組織に異動することになりました。


レベルが高い方に囲まれての仕事は、学ぶことも多かったのですが、一方で確認や調整ごとが多く、組織で働く窮屈さをめちゃくちゃ感じてしまいました。 私自身「組織でうまくやるスキル」が乏しかったことにより、うまくいかないことも多々ありました。


ですが、うまくいかないことより1番問題だったのは、私自身が組織でうまくやるスキルを身につけたいと思えなかったことです。

 

苦手なことにとことん向き合ったことで、なりたい自分に気づいた。

f:id:minoru-office:20180807173959j:plain

期待されている自分と、なりたい自分がかけ離れすぎている。やるべきこと・求められている“なるべき自分”は明確なのに、それを目指すことに過剰な嫌悪感を感じる日々が続きました。


そんな風に、自分が伸ばしたいスキルではないことに頑張る日々が続くことで、私って何になりたいんだっけ?と疑問に思うようになりました。


私は何のために、何を頑張ってるんだっけ?


今なろうとしている自分は、私にとって「なりたい自分」なんだっけ?


そういうことを毎日考えるようになりました。でも、「それも成長」「準備が足りない」「周りに迷惑をかけてしまうから辞められない」と、ダメ男と別れない女みたいにネチネチと辞めない理由を考えては自分に言い聞かせ、途中で苦しくて思考を遮り、また考え、の繰り返し。毎日です。


そんな時、Twitterを流し見していて、あるツイートが目に留まりました。


すごくはっとしました。そうじゃん、私、不器用じゃん。組織にいながら準備とか、できない人間じゃん。準備準備思ってたけど、考える余白がいま、全然ないじゃん。

 

このままじゃ、私、自分が行動しないことを会社や準備のせいにし始める。そこに気づいた3日後、上司に退職の意思を伝えました。

 

タイミングは待つものではなく、つくるもの。

f:id:minoru-office:20180807164157j:plain

タイミングに気づかせてくれたのは会社です。苦手なことにも自分の中の限界まで頑張ったからこそ本心と向き合えたし、本当に自分が求める生き方に気づくことが出来ました。

苦手でも頑張りたいと思っていたのは、会社と一緒に働いていたメンバーが純粋に好きだったから。そう思える会社で働けたことは財産。でも、最終的に自分の人生。自分がなりたい道へ行くタイミングをつくるのは自分自身です。


そしていざ、開業を決めてしまうと、何もかもがとんとん拍子に進みました。気づいたことは、「準備」なんてもんは、1ヶ月もあれば十分だということ。


私1人が独立するくらい、そんなに準備するものなんてありはしないのです。しいていうなら、覚悟くらい。


実際に、辞めると決め、人に伝えてからの方が、何をすべきか・考えるべきかが明確になりました。


後に引けないところに自分を追い込むことで、準備をやるようになったし、何より周りに伝えることで、色々質問されるようになりました。それに答えたり考えたりすることで、「ああ自分はこんな生き方をしたかったんだ」「この人と話さなきゃ」「こんな人と出会いたいな」色んな自分の気持ちに出会うことが出来ました。


タイミングが来たら、それなりの時期がきたらフリーになろう。そんな風に考えていた自分が、どれほどふわっとしていたか気づきました。


タイミングなんて、待っていても一生こない。だって、一生懸命今を頑張っているから。次から次へとやるべきことも、やりたいことも降ってくる。


今度は、やりたいことを自分の世界で成し遂げたい。
自分のやりたいこと、なりたい自分を追い続けたい。
会社でやるべきことに追われ続けるのではなく、自分でやりたいことを追いかけ続ける人生を歩みたい。


そういう想いのもと、独立に至りました。 会社を正式に退社したら、今後の仕事内容や具体的なあれこれ、フリーランスになるまでの準備などをブログに起こして、私みたいな人の役に立てるブログにしていきたいなと思っています。

 

さいごに、今一番言いたいこと。

f:id:minoru-office:20180807165037j:plain

やりたいことはやったもん勝ち。やるって決めると、やるべき行動は勝手に浮かんでくるし、やらざるを得なくなる。


大変だし忙しいけど、すごいスピードで人生の彩度が変わる。テンション上がって眠れなくなる。色んな人に会いたくなるし、色んな人が応援してくれる。


そしてなにより、自分のことを好きになれる。


フリーになるとか、そんなだけじゃなくて、恋愛も人間関係も、遊びも食事もすべて、人生を豊かにするには「やりたいことを考える」ではなく「やりたいことをやる」がまず大事なんだと思いました。

 

私は常に、やる人でいたい。