OFFICE&FREEDOM

沖縄フリーライター・WEB編集者/三好優実のブログです。

人に好かれることよりも、自分に好かれることの方が難しい

最近ずっと考えていることがある。 それは、自分自身を好きになる努力とはなんだろう、だ。 というのも、他人に好かれるためのテクニックは巷にあふれている。話すより聞けとか、否定するな、とか。 けどそれって要は『相手に関心を向けなさい』ってことで、…

新型コロナウイルスの影響で大好きな店が潰れかけ、気付いたこと

「この店がなかったら、わたしは沖縄に移住していなかったかもしれない」 そう思う店が1軒ある。 移住したばかりのころ、その店はわたしにとって唯一の「居場所」だった。移住して5年ほどの歳月が経ち、顔を出す機会も減ってしまったのだが、店のオーナーと…

北朝鮮に不時着してこんな壮大な結末になるのは、彼女の実力でしかない。

きっかけは、なにかの番組で映画マニアが言った「北朝鮮をかなりリアルに再現している」という口コミだった。 かつて北朝鮮から脱北した女性の実話本『生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った』を読んでからというものずっと…

『他人とは』の答え

なぜこの本を購入したのか、その時の心境は思い出せないのだけれど、たぶん精神科医の方が思う『他人とは』が気になったから買ったのだと思う。 そして、何を見つけたいのか分からぬまま、しかも最近は難しい本を読んでいたから箸休めのような気持ちで、目的…

経済のこと、よくわからないまま社会人になった人へ

経済リテラシーが低いながらも、今回のコロナ禍で経済に興味を持ちはじめた人は少なくないのではないでしょうか。わたしもその1人です。 お恥ずかしながら経済の勉強をする場がなく、また対して必要とも思わぬまま30歳を過ぎてしまったわけなのですが、さす…

わたしたちは、カミュ作「ペスト」を今どう受け止めるべきか

わたしはきっと「今」じゃなければ、この本を読了できていなかっただろう。 そう思わせるのは、感染症ペストについて、そしてペストが原因で都市が封鎖されたある街の中を描いた小説「ペスト (新潮文庫)」だ。 わたしが毎週楽しみにしている佐藤友美さんのコ…

“いいものはいい”って、うまく伝えるスキルは「書評」にあった

本日多くの県では緊急事態宣言解除となるようですが、コロナ自粛を機に、わたしはすっかり本の虫になってしまいました。(やっと本屋さんにいける) 最近、本を読んでいる時間と同じくらい、本を探している時間が楽しい。欲をいえば、はやく本屋さんに行きた…